御岳山について

未分類

私は最近御岳山について57人が死亡しその約9割は即死というニュースを聞いて、即死になるということに驚いた。私は、火山の噴火に巻き込まれて死亡した方たちは大体が火山灰により窒息死したり、有毒ガスを吸って、そのまま死亡するのかと思った。

 

また、被害が出始めたとき、ニュースでは大体の人が心肺停止と報道されていた。なぜそうなるのかと思い、詳しく調べてみると、即死した人は、火山弾にあたってため即死したということだった。火山弾の当たりかたも、人によってそれぞれ異なり、大きな火山弾が頭や首にあたったり、小さな火山弾で体中に多数の傷を負った人もいた。

 

大きな火山弾は、具体的な大きさで言うと、洗濯機や軽トラックほどの大きさだったという。被害者が撮影した火山弾が飛び交う動画があったのでそれを見てみると、絶対によけられないと思うほどの速さで飛び交っていた。しかも飛び交う火山弾の数が凄まじかった。

 

どれぐらいかというと、まるで雨のようだった。その状況の中でも生き延びた人はすごいと思った。生き延びた人は、まず頭を守ったらしい。頭を守らずただひたすら逃げることだけを考えていた人は、火山弾が頭にあたり死亡したということが多かったらしい。

 

その人は頭を守ったことで腕や鎖骨などは骨折してしまったが、生き延びることができたらしい。また、そのほかにも死体を盾代わりにして火山弾から身を守ったらしい。私は、もし自分が同じ立場だったらと思うと、恐ろしくて仕方がなかったと思う。

 

また、パニックになって逃げることだけを考えて、火山弾にあたって即死したと思う。やはりこのような状況でも生き延びる人は、冷静に物事を見て落ち着いてどうしたらいいのかがしっかりと分かる人だとも追う。私もこのような人になりたいと思った。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です